こんにちは。さいたまのたぬきです。

最近テレビで良く流れている「AI」さんの「ハピネス」
をテーマに結構リアルな帽子をかぶったくまが出てくるCM。

それが「パディントン」
DCIM0797

ちょうどいい時間があったので見てみました。
(原作についてや内容に関してはこちらで書いてます)

あまり映画を見なくなっていますので子供ならずとも
ちょっとわくわくします。

映画といえばポップコーンを買って・・・
始まる前に食べ終わる。(?)のが定番ですが
それにしてもだいぶ高くなったな~という印象。

全く割引などがないとチケット1800円(子供1000円)
ポップコーンに飲み物つけたら1000円越え・・・

地元の映画館でおにぎりと水筒もって、自動販売機のポップコーン
を食べたのをなんだか思い出しちゃいました。
時間もふらっと行ってとりあえず入ってそのままずっと見ていられましたしね~
(まぁ・・・映画館としてはそれでは商売にならないんでしょうけど(笑)

そのうち1日チケット見たいのでないかな?(ちょっと高いけど何本か見られるようなやつ)

まあそれはさておき、今でも子供にはきっと響く児童文学が原作ということで
ちいさい子から大丈夫かなと思いましたが、
内容は結構厳しいところもあり、原作が一人で読めるぐらいの子供ぐらいからの方が
良いように感じました。(実際原作読んでいるとあって思うシーンも多いようです)

今回は吹き替え版を見てみましたが、それぞれの声の役者さんたちも
すごくなじんでいて個人的には全く違和感なく感じました。

8fb330d2.jpg


特にパディントンを捕まえようとする謎の美女「ミリセント」役の木村佳乃さんの声は
ぴったりだったようで、子供が映画館から出て行ってしまいそうになるほど怖がっていました。
DCIM0798

また地震のシーンがあるのでそういったのがだめな方にはちょっと
つらい映像になってしまうかも・・・この地震がきっかけでパディントンが
イギリスに旅立つことになるので、大事なシーンではあるのですが。

でも全体的には原作の良さでもある一生懸命なパディントンが
一生懸命やっているのになぜか大変なことになってしまうという
面白さだけでなく、映像や音楽としての面白さもたっぷりと詰まっていて
最後はハッピーエンドになりますので安心して見られます。

くすぐりのような面白い序盤のエピソードがクライマックスで
思わぬ形で帰ってくるというような脚本の良さも感じられましたし
ダイナミックな動きのあるアクションシーン、ピタゴラ装置のような
無駄に凝っている機械装置など、なるほどハリーポッターのプロデューサーが絡んで
いるのがうなづけるというようなシーンも豊富です。

途中007のテーマをアレンジしたものが流れたりして、イギリスの映画に
もっと詳しいとさらに楽しいのかもしれません。

原作の「くまのパディントン」もとても優れた児童文学ですから
ぜひセットで見てみてはいかがでしょうか?

映画 パディントン 公式サイトへ

良かったら応援お願いします~(^^♪
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

他にもこんなの書いてます。良かったらぜひ見てくださいね~
おすすめ絵本と埼玉県内中心とした公園などのお出かけ情報を書いています。
  • 子育て情報帖

  • たぬきの読んだ本(小説・新書・コミックなど)について自分の備忘録もかねて紹介しています。
  • たぬきの本棚

  • 主に育児書と絵本について書いています。
    子育て情報帖と内容が少しかぶりますが、
    タグで検索できるようにしていく予定なので
    絵本を探しやすいと思います。
  • たぬきのこそだて情報帖