こんにちは。さいたまのたぬきです。

前回のわくわくランド
で遊んだら
次はこちらに向かってみましょう。

DCIM1171

これなんだかわかりますか?
埼玉県を分断するように流れる荒川を
高低差まで表現したジオラマです。

荒川173KMを173m(1000分の1)スケールにして
流域を忠実に再現しています。
DCIM1153

これは源流域に近い山のほうの部分。
本来はボタンを押すことによって水が流れたりしていたようですが
残念ながらこの辺の装置は使えなくなっています。

DCIM1154
川幅日本一!の場所も埼玉県にあります。(鴻巣市吉見町付近)
実際にとおることがある橋ですが本当に長いです。

DCIM1155
これは先日紹介した浅草から出ている水上バス
でくぐったたくさんの橋のあたり。
橋の特徴がきちんとジオラマに反映されているのが
ちょっと驚きます。

行ったことがある川のそばの地域があると
ここがこの間いったところだよ~なんて子供と話して
ちょっと地理や地形の勉強がさりげなくできてしまいます。

走ったり歩いたりして上流から下流までの
川の流れをみながら体感できるからかすごくわかりやすいようです。

DCIM1171

この場所と合わせて先日別ブログで紹介した
絵本かこさとしさんの「かわ」
をあわせるとものすごく理解します

DCIM1150

これは少し高いところからみたジオラマです。
ここからでも1枚では写りきらないほどのスケールです。
少々年月が経って痛んでいますが、それを差し引いても
十分な迫力です。

まずこのジオラマが一つ目の日本一。
そして前々回紹介した大水車がかつて日本一。
そして川の博物館3大日本一のもう一つが・・・

上の写真を撮ったところから振り返ると
壁一面に描かれているこれ!
DCIM1168

水車がついた船の絵です。
DCIM1167
原画はかの有名な「川合玉堂」
そしてこの水車がついた船の説明は
展示館に再現模型として展示してあります。

大水車こそ日本一を譲ってしまいましたが
この日本一を見てみるのはいかがでしょう?


川の博物館探訪記その1へはこちらから
川の博物館探訪記その2へはこちらから

次回はさらにほかの見どころを紹介しますね(^^♪


良かったら応援お願いします~(^^♪
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

他にもこんなの書いてます。良かったらぜひ見てくださいね~
おすすめ絵本と埼玉県内中心とした公園などのお出かけ情報を書いています。
  • 子育て情報帖

  • たぬきの読んだ本(小説・新書・コミックなど)について自分の備忘録もかねて紹介しています。
  • たぬきの本棚

  • 主に育児書と絵本について書いています。
    子育て情報帖と内容が少しかぶりますが、
    タグで検索できるようにしていく予定なので
    絵本を探しやすいと思います。
  • たぬきのこそだて情報帖