こんにちは。さいたまのたぬきです。

今日は先日紹介した初詣の竹寺さんの帰り道に寄った
お菓子屋さんの紹介です。

それがこちら
DSCN0349

4里の餅と書いて「四里餅(しりもち)」と読みます。

飯能の市街から竹寺に向かう途中にあり
以前から気になっていたのですが、
いつも駐車場がいっぱいのことが多く
通り過ぎていたのですが、

今年はお店の前にに通りかかると
駐車場があいています。
(お店の前に数台分の駐車スペースです)

これを幸い早速よらせてもらいまいました。

お店は正面にショーケース。
ここに四里餅があります。

またお店右手の方には色々なお菓子類がおいてあり
そちらも美味しそうです。

そもそもなぜ「四里餅」というのか?
お店のショーケースに入れてあった
説明書きによるとこの地域の特産品でもある
西川材(木材)をかつては山で切り出したのち
筏に組み、川をくだって運んでいたのですが、

この川がなかなかの急流で筏を
ずっと立ったまま操るのが難しく、
しかも、
長さが四里もあることからなかなか大変な
作業だったようです。

そこで、
このおもちを食べて川を下ると尻餅をつかずに
上手く筏が操れたのだそうです。

この2つのことを掛け合わせて
「四里餅」と呼ばれることになったそうです。

写真・・・
DSCN0348

すみません・・・ものすごい食べかけです。

あまりのうまさにここまで食べて写真撮ってないことに
気がつきました・・・(^^ゞ
(全体が見たい方は食べログでみてください!)

形状は小判型をした楕円形。
全体的に平たい形です。

お値段は一つ130円。

食べた感じで一番近いのは大福ですが
皮がモチモチで滑らかです。

あんこも粒あん、こしあんとあり(押してある焼印が違います)
どちらも甘いけどほどの良い甘さ。
ぺろりと一人で2・3個いっぺんに食べてしまいそうな感じ。
しかも後に残らずすっと溶けていくような感じ。

なるほどこれなら力が出て
「しりもち」つかずに頑張れそうです。

ただ残念なのがこのおもち
賞味期限がなんと本日限り!!

ぜひお近くにおいでの際は味わってほしい
そんなおもちです。

関連ランキング:和菓子 | 高麗駅飯能駅武蔵横手駅


良かったら応援お願いします~(^^♪
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

他にもこんなの書いてます。良かったらぜひ見てくださいね~
おすすめ絵本と埼玉県内中心とした公園などのお出かけ情報を書いています。
  • 子育て情報帖

  • たぬきの読んだ本(小説・新書・コミックなど)について自分の備忘録もかねて紹介しています。
  • たぬきの本棚

  • 主に育児書と絵本について書いています。
    子育て情報帖と内容が少しかぶりますが、
    タグで検索できるようにしていく予定なので
    絵本を探しやすいと思います。
  • たぬきのこそだて情報帖