こんにちは。さいたまのたぬきです。

前回、水上バスから上陸した浜離宮恩賜庭園。

海手茶屋から庭園の方に向くとこちらが潮入の池。
かすかに潮のかおりがするような気がします。

DCIM0929

潮入ということですが隅田川の河口部分に当たり
そこから水を引き入れているため
ハゼやカニなど、川の出口に住む生き物たちの住処になっています。

DCIM0930

さてここで問題。
この不思議なものはなんでしょう??

DCIM0931

堤防?水門?防壁?・・・あなたはどれだだと思いますか??

実はすべてはずれです('◇')ゞ答えは・・・・

DCIM0933

こちらは「小覗(このぞき)」といいます。
鷹狩りの時に使った施設でした。

実はこの裏には池とそこからつながる
細い水路がこの小覗の真裏まで来ています。

池にアヒルを放しておき、この小覗にある板をたたくと
アヒルが寄ってきて餌を食べるようにしつけておきます。

鷹狩り当日。
同じように板をたたくと餌をもらえると思ったアヒルと
それにつられた水鳥たちが後をついてこの細い水路に入ってきます。

小覗の窓から鷹匠が見ていて頃の良いところで
水路の両側から水鳥を驚かします。

慌てて飛び立った水鳥に向けて
鷹を放って狩りをしたとのことです。

DCIM0932

時代が変わるにつれて少しづつ狩りの仕方が変わっていったようです。
また池を観察するために
「大覗(おおのぞき)」という施設も設けられています。

DCIM0935

こちらには小屋の中に直径10cmぐらいの穴が開いていて
そこから池を観察できるようになっています。
どの施設もできるだけ自然に近い状態でいる鳥を用意するためだったのでしょうか
できるだけ人が見えないような作りになっています。

これがその覗穴から見た風景
DCIM0934

小さい穴なのですがかなり広く見えるようになっています。
よく考えてあるのだなと思いました。

今回はここまで。
次回は少し広々したところの風景をお伝えしたいと思います。


良かったら応援お願いします~(^^♪
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

他にもこんなの書いてます。良かったらぜひ見てくださいね~
おすすめ絵本と埼玉県内中心とした公園などのお出かけ情報を書いています。
  • 子育て情報帖

  • たぬきの読んだ本(小説・新書・コミックなど)について自分の備忘録もかねて紹介しています。
  • たぬきの本棚

  • 主に育児書と絵本について書いています。
    子育て情報帖と内容が少しかぶりますが、
    タグで検索できるようにしていく予定なので
    絵本を探しやすいと思います。
  • たぬきのこそだて情報帖