こんにちは。埼玉のたぬきです。

読書の秋っていうことで本も読んでいるのですが(ブログはここ
まずは食欲の秋ってことで今日はお米のお話を

とはいえこの話ちょっと前2009年頃引っ越す前のブログで書いた記事です。ご注意くださいね(^^♪

さて皆さんのお宅では何米を食べていらっしゃいますか?
我が家では秋に新潟県産コシヒカリと埼玉県産朝の光を毎年同じ農家さんから
ゆずっていただいていてそれを食べているのですが
ちょっと予定より早く食べきってしまい
新米が届くまでほぼ1か月いろいろなお米を2kgずつ買って食べ比べをしてみました。

手前みそながらそれぞれのお米の感想を
今日はまとめて書いてみたいと思います。

まずは「ミルキークィーン」
最近名前をよくきいていたのできになっていたお米のひとつ。
ごはんつぶがとてももっちりとしていて甘みが強い。
そして冷えてもその甘みがあまり変わらず
おにぎりにして具に味の濃いものを使ってもまけずおいしい。
特に昆布の佃煮やおかかの塩分と出会うとじつにうまい。
もしお弁当におにぎりを持っていくならまよわずこの米をえらびたいところです

「あきたこまち」・「あきたこまち新米」
最近萌絵?でとりあげられて大人気らしいのですがそんなことしなくても
とってもおいしいお米です。
もちっとしていますがごはん粒どうしがべったりつくという感じではなく
口の中でほろりとほどけて一粒一粒がはっきりする感じ。
これは新米で水気が多い状態でもそういう感じです。
どんなおかずでもあううまさとバランス感。
繊細な味にも力強い味にもあうところは素晴らしい。
毎日食べるごはんとして一番おきにいりです。

「なすひかり」
こちらは関東は栃木のブランド米。
これもバランスの良いお米です。
どちらかというとおかずによってちからを発揮するというか
ご飯とみそ汁という組み合わせ、もしくは丼ものにすると
縁の下の力持ちとでもいうような影の立役者となり
その対象の味を引き立てるという感じました。

「こしひかり」(福島県産、低農薬)
今回食べ比べた中では新米のお米もかなわないくらい最高においしかった。
まさに「銀シャリ」ということばはこういうご飯のためにあるというような色つやで
口の中でごはんがおどります。
本当にごはんてのはうまいもんだな~・・・とおもわずためいきをついてしまいます。
ごはんだけで何杯でもたべられてしまいますがそのぶん
何かおかずを付ける場合そのおかずも本当においしくないとご飯に負けます。
そういう意味ではなかなか普段たべるご飯としては難しいところかもしれません。

「こしひかり」新米(関東産)
こちらは地域特定ではありませんがこしひかりの新米。関東産です。
新米といことで水気もたっぷりもちもちしておいしいのですが
地域の差か農薬の差かはわかりませんがおいしさは福島県産と比るとちょっと。。。
でもこちらのお米だとどんなおかずにもあって安心して食べられるということでは
福島産より上かもしれません
あきたこまちと甲乙つけがたい味ですがあきたこまちがくちにいれるとぱらりとする感じにたいして
こしひかりは食べた一口がそのまま喉を通る感じといえばいいでしょうか?
好みがわかれることになりそうです。

勝手なことを書きましたが本当にお米ってちょっと比べただけでも
これだけちがっておもしろく感じました。
もしきがむいたら食べ比べしてみると自分の好みのお米がみつかるかもしれませんね!?

そろそろ新米という時期なるとこんな風にそわそわしてしまいます。
今年はどんなお米が食べられるかな~
良かったら応援お願いします~(^^♪
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
にほんブログ村

他にもこんなの書いてます。良かったらぜひ見てくださいね~
おすすめ絵本と埼玉県内中心とした公園などのお出かけ情報を書いています。
  • 子育て情報帖

  • たぬきの読んだ本(小説・新書・コミックなど)について自分の備忘録もかねて紹介しています。
  • たぬきの本棚

  • 主に育児書と絵本について書いています。
    子育て情報帖と内容が少しかぶりますが、
    タグで検索できるようにしていく予定なので
    絵本を探しやすいと思います。
  • たぬきのこそだて情報帖